※写真はビジネス仲間とのひとコマ。互いの成長を感じる、尊い時間です。

こんばんは。

ここ数週間は誰かと過ごす時間が多く、色々な学びがあり、気持ちも前向きになる良い期間でした。

ビジネス仲間と写真撮影会したり、WordPressの構築講座やったり、
所属しているビジネスコミュニティの勉強会に行ったりとビジネス色の半面、
フットサルしたり、旧友と飲み会、職場の送別会、友人の結婚式・・・

挙げてみて、こんなに多くの人たちと関わる機会があって、本当に恵まれているなぁとしみじみ。

やっぱり人と関わるの大事です。
相手という鏡を通して、自分の思考や立ち位置を整理できた気がします。
あと、単純に活力もらったな。

さてさて、個人のビジネスを始めて約半年経ちました。
正直なところ、右も左も分からぬまま走り続けたらこうなってた、というのがまさに今です。

初めの3か月くらいは怒涛のインプットとアウトプット繰りかえしてました。
とにかく時間が欲しい、という感じ。

次の3ヵ月は少し気持ち的な余裕もできて、徐々に将来を見渡せるようになってきた感じです。

そして今、ようやく中長期目線のロードマップが引けそうなところにきています。

僕のビジネスはセールスコピーライティングからスタートしました。
当時は何を勘違いしたか、コピーライティングのスキルがあれば、時間も稼ぎも自由になって、

かつ、ネットでビジネスが完結するスマートな生活が待っている気がしていました。

もう完全に盲目的にノマド生活に憧れ、かつインターネットに神を見ていたわけで。。。笑
(今考えると相当痛いですね。)

実際にアフィリエイトなどでネット完結の世界でしっかり稼いでいる人たちもるのですが、
本当に高等テクニック過ぎて、正直なところ今でも真似できる気は一切しません。

早々にネット完結型のビジネスを諦めた僕は、リアルビジネスに移行したわけですが、
結果、自分の中ではこれが大正解だった訳です。

それは、

インターネットに神を見なくなったから。

ただいま、WEBマーケティング全盛の時代です。
だからこそ、自分のマーケティングの定義をしっかりと持つことに価値があると思っています。

マーケティングとは、ブログでもSNSでもない。
もちろん有効な戦略ではありますが、それでも、やはりインターネットに神はいない。

市場はより感情的で、リアルな質感を伴い、僕らの周りに存在しています。
今はインターネットの枠を超えて、マーケティングを大局的に捉えることができるようになりました。

さて、これからの半年で構築取り組むべきことが見えてきた、というのは先ほど言った通りです。
あと一週間程度で戦略を練り、来月早々にテストマーケティングのフェーズに入りたいと思っています。

ではでは、結果はまた改めて。